成形条件を共有しよう

皆で成形条件を共有しましょう。

私がパージ材に使用しているPP(ナチュラル)のシリンダ温度と挙動
185~195度:溶融に時間がかかるが、分解は最小限
200~230度:溶融は早いが、数分で分解変色を起こす
240~260度:分解激しい、やめたほうが良い

結晶性樹脂なので一旦溶融すれば流動性良好
製品成形の設定温度としては190~210度が良い