レーザーモジュール用のTTL PWM変調基盤について

こんにちは、先日C-Beam剛性強化版を購入し、ようやく組み立て&動作確認までいけました。
試しに木材を削ってみましたが、今度は真鍮を削ってみようと思います!

こちらのコミュニティ(https://bbs.avalontech.jp/t/cnc/235/5)にある、CNCをレーザー加工機にする方法を見て、やってみたいと思ったのですが、レーザーモジュールが売っていなかったので中国のAliExpressで購入しました。
https://ja.aliexpress.com/item/4001288147936.html?spm=a2g0o.store_home.productList_198728152.pic_0

気づくのが遅かったのですが、CNCxProv5は0~5Vの制御で、このレーザーモジュールについている基盤のTTL入力は3.3~12Vになっていました。つまり線つなぐだけでは動かない(もしくは壊れる?)と思い、
これを何とかする方法って変圧できるような基盤を挟むか、別の基盤(0-5V入力できるもの)を買ってそっちにつなぐかのどちらかじゃないかと思ったのですが、何をどうやって探せばいいのかわからず困っています。

どなたかお知恵を頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

こんにちは.

試してないのでなんとも言えませんが,レーザーの電源には動作電圧の12Vを用意して,レーザーの制御にはCNC xPRO v5のpwmにつないでやればいけそうな気がします.
3.3~12Vはその間の電圧で入力すればHighとして入力されるということだと思います.なので5V入力でも問題ないかと...

PWMはHighとLowのパルスで中間の値を取るわけではないので,レーザーのモジュールがHighが12VでLowが3Vという意味で書いてあるのでなければ多分大丈夫です.(そんな書き方しないと思いますが・・・)
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/0706/06/news132.html

1 Likes

nyaru様、お返事いただきありがとうございます!

3.3~12Vはその間の電圧で入力すればHighとして入力されるということだと思います.なので5V入力でも問題ないかと...

なるほどそういうことでしたか!てっきり3.3V入力時=最小限の出力 12V入力時=フルパワーで動く(つまりCNCxPROv5からでる電圧が0Vだとレーザー動かずで、5Vだとなんかちょびっとしかレーザー出ない) みたいな感じに思ってました。すみません。

基盤はこれと同じもののようです。

明日さっそくCNCxPROv5とTTLをつないでみようと思います、ありがとうございました!

CNCxPROv5とTTLを接続したら無事にレーザー照射されました。
(CNCxPROv5のTOOLHEADと書いてるところの4つの端子のうち、GNDとPMMの端子をレーザー側基盤のTTLのーと+に接続したら行けました)

強度の調整もCNCjsのレーザーテストで出来てることが確認できました。
電圧はあくまでON・OFFの制御で、パルスでレーザー強度をコントロールしているということですね。
これでレーザー彫刻できそうです。アドバイス頂きありがとうございました!!

1 Likes