4軸CNC MaRkoオートキャリブレーション

概要

MaRkoの回転軸原点を自動で補正するのに加えて、回転軸中心にワーク座標の原点を自動で設定する機能です。
タッチプローブ機能を使用してチャックの爪を直接プローブするため、リミットスイッチの取付誤差による影響を抑え、組み立て後の調整を容易にすることができます。

注意

本機能はプロトタイプに現物合わせでGコードを作成したため、製品版(プロトタイプとY軸のオフセットが異なる)では想定外の干渉が発生する可能性があります。製品版では未検証のためご注意ください。

必要物

パーツ名 必要数
キャリブレーション用治具
2
M5低頭ボルト 8mm 1
スペーサー3mm 1
単線ケーブル 2
ワニ口クリップ 1
配線用端子 1
Duet3用5P端子 1
結束バンド 任意数

bed.g

Duet3 sysフォルダ内のbed.gを以下のコードで上書きします。


; bed.g

; called to perform automatic bed compensation via G32

; written by HRMK for 4-Axis CNC MaRko from AvalonTech

M561 ; clear any bed transform

G90G53G00Z0 ;Z軸退避

G53G00B0 ;B軸0度に移動

G90G53G00X-38Y-742 ;プローブポイント0に移動

G30P0X-38Y-742Z-9999 ;プローブポイント0 1回目

G30P1X-142Y-742Z-9999 ;プローブポイント1 1回目

M673B ;B軸を補正 1回目

G30P0X-38Y-742Z-9999 ;プローブポイント0 2回目

G30P1X-142Y-742Z-9999 ;プローブポイント1 2回目

M673B ;B軸を補正 2回目

G10L20P1B0 ;B軸原点を補正後の位置で上書き

G90G53G00X-38Y-742 ;再度プローブポイント0へ移動

G38.2Z-150 ;Z軸シングルプローブ1回目

G91G00Z1 ;Z軸1mm退避

G38.2Z-150 ;Z軸シングルプローブ2回目

G10L20P1Z13 ;Z軸原点を上書き

G90G53G00Z0 ;Z軸退避

G91G00B90 ;B軸時計回りに90°回転

G38.2X-200 ;X軸シングルプローブ1回目

G91G00X1 ;X軸1mm退避

G38.2X-200 ;X軸シングルプローブ2回目

G10L20P1X14.5 ;X軸原点上書き 工具径に合わせてXオフセット量変更

;X値=13+工具半径r 工具直径3mm=X14.5

G90G53G0X0 ;X軸退避

G91G00B-90 ;B軸0°に移動

G90G54 ;絶対値指令ワーク座標系G54に設定

配線セッティング

キャリブレーションに必要な配線のセッティングを行ないます。

  1. 図のように一端に端子を取り付けたケーブルと、ワニ口クリップを取り付けたケーブルの計2本を用意し、Duet3用5Pケーブルに図のように取り付ける

  2. Duet3のio.4に作ったケーブルを取り付ける

  3. M5低頭ボルト8mmとスペーサー3mmを使用して、端子をMaRkoのフレームの適当なタップ穴(チャックと通電している場所)に固定する

実行方法

  1. B軸を大体0度の位置まで手動で移動

  2. キャリブレーション用治具をチャックの爪2箇所(ネジが手前の面を向くように)に取り付ける

  • 初回実行時,マシン組み換え後等
    bed.gのプローブポイント0,1のX,Y座標を,エンドミルとキャリブレーション用治具が接触する位置になるよう調整する

    ↑プローブポイント0 X-38Y-742

    ↑プローブポイント1 X-142Y-742
  1. 取り付けているエンドミルの径とbed.gのX軸オフセット値が対応しているか確認
    (D6mm=X16、D3mm=X14.5)

  2. ルーターの回転部に通電用ワニ口クリップを装着する(忘れると事故る)

  3. DWCのコンソール画面からG32 bed.gを実行

  4. 一連の動作が終わったらワニ口クリップは外す

  • ホーミング後のX,Z軸原点位置

実際の動作風景

「いいね!」 1