ArtCNC Z軸拡張


#1

Art CNCのZストロークがもう少し欲しかったのでZ軸を拡張して高さのある材料を加工できるようにしようと計画中です。

第一段階として単純にZ軸の高さに関係する部分を250mmから500mmに変更してみました。


v-slot 20x80 500mm 2本 3600円(取り寄せ注文でした)

C-Beam 500mm 1本 2250円

リードスクリュ540mm 2200円


軸を一旦ばらしてY軸にくっついている20x80 のv-slot 250mm を 500mm に付け替えます。





ガントリープレート部分はバラさなくてもこんな感じでネジ止め固定ができました。


Z軸を分解してC-Beamとリードスクリュを250mm→500mmに変更します。
中のベアリングや固定座は使い回せるので同じところに取り付けて使いまわします


出来上がったのがこちら。
見るからに剛性が足りなさそうですが、実際にZ軸の先端に力をかけるとグラグラするためもう少し補強が必要でした。


#2

第二段階としてX軸方向にC-Beamとスライドユニットを追加して補強しました。
この状態だと大体加工できる高さは220mmくらいでした。


C-Beam 1000mm 1本 3950円

スライドユニット(両面) 1個 8890円

固定用にいくつプレートやネジも追加しました。

直角固定具のいいやつ 4個くらい(めっちゃケチりました。

直角ジョイントプレート 2枚

ボルト8mm(直角固定具とジョンとプレート用に)を20個くらい
ボルト15mm(垂直ジョイントプレート用に)8本


差し込みT-ナット 20個くらい


この辺は予備で多めに用意したのでだいたいです


Z軸とX軸を通る用にスライドユニットとC-Beamを取り付け、垂直ジョイントプレートで固定します。
念の為直角固定具でさらに補強(ケチって2箇所固定にしましたが、余裕があればいっぱい付けたい)

追加でつけたジョイントプレートには今回ナットブロックを付けませんでしたが、あったほうがよかったかなとも思います。


Zが高くなったことでケーブルキャリアの長さが足りなくなったのでケーブルを留めるやつを適当に3Dプリントしてごまかしました。



これでそこそこの剛性を確保できたので切削してみました。
オリジナルArtCNCよりは条件を落としていますが、硬い木材であるケヤキはきれいに加工ができました。


心が揺れています!