自作CNC(切削)をレーザー加工機に改造する


#1

要点まとめ:エンドミルの代わりにレーザーを付けてレーザー加工機に改造する
品名:C-Beam Machine
属性: ・ソフトウェア ・ハードウェア
製作者: Gym

切削機もXY自由に動かせるから先端だけレーザーに変えればレーザー加工機になるやろう、ということで三軸加工機のC-Beam Machine XLのスピンドルをレーザーに変えて動かしてみます。

XYの制御はそのまま、Zはレーザーの焦点距離で動かしません(いっそモーターを外してもいい)。
ボート(CNCxPro)でレーザーを制御します。下図は本家オープンビルドのレーザー加工機の配線図(この配線だと動かないので下の続きまで読んでください)

加工機は上の図にもう一個Z方向制御のモーターが付いていますが、レーザーでZは動かす予定はないので無視。レーザーだけ追加で刺します。

Gコードについては、レーザーは無償のCAMがいろいろあるようです。Zがないので2Dで比較的簡単です。
加工機として使用するときにFUSION360を使用しているので、今回もFUSION360でGコード生成を行います。
デフォルトで入っているのGRBLポストは切削用なので、レーザー加工のGコードを出そうとすると多分でません。オンラインのポスト検索機能でGRBLと検索すると、GRBL Laserというポストがダウンロードできるので、こちらを使用します。
「パスの横方向の補正」が中心以外だとgコードがエラーになるので、ここの設定だけ注意する必要があります。
large

2018/7/26
工作室の壁から生えてたレーザーを配線してみたところ、レーザーが出ませんでした。
電圧を測ってみたところ、上図でレーザーが配線されている部分の給電が0~5V、レーザーは12V用でした。ちなみにFANの給電は24Vでした。このボードでは強いレーザーは出せないようです。5V用のレーザーが生えてきたら交換して試してみます。


AvalonTechオンラインショップ ポイント分配11 月更新
#2

3Dプリンタをバラしたら12V電源が生えてきたので続きです。

下図のように配線したところ、無事2.1Wレーザーの制御ができました。
ボートからの電力は制御用で、レーザーを出すためには別に12V電源が必要でした。

3616134d0950570313134a618d6f86bb9639932a_1_690x471%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC

■ソフトウェアの調整
$32=0 を$32=1 に変更
$32=0だと常に同じ強さのレーザーが出ます。$32=1にすると送り速度に応じてレーザーの出力が調整され、速度が遅いところと速度が早いところでもレーザーの当たり具合が同じようになります。焦げたりしにくくなります。ただしこの設定は比較的新しいGRBLの機能なので、古いGRBLで動かしている場合は適用されないはずです。

GコードのS値がレーザーの強さを指示することになります。
S0が出力0%、S1000が出力100%、S500で出力50%になります。
F値が送り速度で、初期値の1000だと早すぎてうまく焼けませんでした。F200では問題なく焼けました。材料や目的に応じてGコードを変更して上げる必要があります。

下の画像が2.1Wレーザー、S700、F200でダンボールに焼いた絵です。
保護メガネがないと目が痛いので保護メガネは付けましょう、絶対に。


#3

使用したGコードも参考までに1002.nc (146.0 KB)


#4

LaserWeb Software
というレーザー用のソフトウェアを使ってみたところ、こちらのほうが使用感が良かったです。
英語しかないですが。

DXFやAIファイルの他、画像ファイルからもGコード作成が可能です。イラストがいい感じに描けます。
またGコードを機械に送る機能もついているので、Fusion360を使用するよりも経由するソフトウェアが少なくて済みます。

加工品の設計からする場合はFusion360
加工するものの線データがある、もしくは画像から焼く場合はLaserWeb Softwareのほうが良さそうです。


#5

24V電源から12Vに変換するデバイスがあったので試してみました。
111
24V電源からモーター用の24Vとレーザー用の12Vを取り出せるようになったので、電源ユニットが一つで済みます。

最終的な配線は以下のような感じにb07c27c57f2fe9a505205a29fda2d80202c93294

レーザー制御用の小さな基板はこんな感じです


レーザー加工で紙製ケースを作ってみた