Zプローブのエラーについて

先日Art CNCを購入してまだ実用まではこぎつけておりませんが、動作確認を終えて、オプションで購入したプローブを試しているのですが、エラーが出たしまいました。

制御基板はCNC PROX V5です

CNCjsを使用しており、タッチプレートの高さを実測で入力(19.15mm)、プローブの深さ、プローブの送り速度、李トラクションの距離はデフォルトのままです。

プローブコマンドはG38.2、G38.3はどちらも試しましたが同じ結果でした。

エラーというか行き詰っているところは、
上記設定でプローブボタンをクリックし、ポップアップしたウィンドウ内のプローブの実行ボタンをクリックしますと、

CNCjs内の中央上あたりの「Grbl」右の「待機」表示が「アラーム」に代わります。
コンソール内の表示は
feeder> G38.2 Z-10 F20
ALARM:4 (Probe fail)
ok

と表示されます。

チェックすべきことや、解決方法がございましたらご教授願います。

こんにちは

ALARM:4ですが最初からプローブがタッチされている(導通状態)にあると発生します.

以下を確認してみてください.

  • プローブの実行ボタンを押す際にタッチプレートと工具が接触していないか
  • 配線があっているか(GNDとSIGを使います.下図参考)
  • パラメータ$6の確認($6=1の場合,導通したらタッチしたと検出.$6=0の場合,導通しなくなったらタッチしたと検出.今回は$6=1を使います)
  • 電極同士(GNDとSIG)を触れさせるとCNC xPRO v5側面のPROBEのLEDが光るかどうか.離すと消えるか


from: https://github.com/Spark-Concepts/xPro-V5/wiki/Hookup-Guide#connect-probe

nyaruさま
早速のコメントありがとうございます。
配線方法は間違ってなさそうです。

ALARM:4ですが最初からプローブがタッチされている(導通状態)にあると発生します

なるほど、エラーの内容が分かって助かります。

コメントいただきました内容を確認してみましたところ。

CNC PROX V5本体のprobeランプですが
・タッチプレートとクリップが離れている状態→消灯
・タッチプレートにクリップを直接充てる→緑点灯
ここまでは問題なさそうです。

ただ、エンドミルをクリップに挟むとそれだけで緑に点灯してしまいました。

他にもArt CNC本体のアルミ以外の金属部分にクリップを当てても緑ランプがつく状態です。

この状態が正常なら現状の$6=1を$6=0に変更すれば対応できそうですが、、、

連続投稿すみません。

正規の配線方法とは異なりますが、基板側のソケットの配線を逆にしてみました。

本来は、タッチプレート側(黒)がGNDのようですが、クリップ側(白)をGNDに変更したところ正常に動作しました。

なんか腑に落ちませんが(汗)

正常に動作したようで良かったですが,フレーム等の金属部にタッチして反応するのはおかしいですね

フレームにGNDを接触してるなら分からなくもないですが,2重絶縁してあるであろうルーターのエンドミルにも反応するというのは不思議ですね...

ALARM:4 の原因を教えていただいたおかげで何とか回避はできましたが、
GNDがフレームにまで導通していて、Art CNCのあらゆる導通金属部分とつながってしまっているのがちょっと気も悪いですね。。。

もちろんルーターの金属部分でも反応してしまいます。。。

もしかしたらプルアップ抵抗が死んでいるか無効になっていて,probeピンが開放状態になっているのかも?

原因がちょっとわからないですね....

一度時間があるときに、徹底的に見てみます。
どこかのケーブルの端末処理のところでケーブルのシールドのひげがどこかに接してるとか。。。

どうしても解決しない時にはAvalon techさんに相談してみようと思います。

今回はありがとうございました。