無償/安価で使えるCAMソフト

【レーザー加工】

■LaserWeb Software (おすすめ)

無償で利用可能なレーザー制御ソフトウェア。オープンソース。
Dxf等のベクターデータの他、Jpeg等のラスターデータからもGコードを作成することができる。
画像の場合はちゃんとレーザーの強さを制御してグラデーションにしてくれるので、グッズに模様を付けたりにも便利。
制御ボードとの接続とGコードを送ることもできるので、このソフトウェアだけで完結できるのもグッド。

■Fusion360

個人利用一年無償、商業利用でも年間7万円程度
CADCAMCAEその他いろいろ付いているので、デザイン、設計、加工まで全部できる。
レーザー加工もできるがベクターデータのみ対応なのでレーザーだけやるのならLaserWeb Softwareでいいかなというところ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【切削加工】

■Fusion360(おすすめ)


個人利用一年無償、商業利用でも年間7万円程度
三次元設計とCAMが連動しているためデータの修正が容易。
2次元加工、3次元加工、割り出し4軸加工、一応5軸加工のパス作成まで対応している。
クラウドベースなので同じIDでログインすれば作業場所を選ばない。
GRBLに対応しているので自作CNCに即対応できる。
同レベルのCAMは普通に年間50万くらいするので現時点のファブリケーションで利用しやすいCAMとしては最優。

■OpenBuilds CAM - GCODE Generator

ブラウザで動くCAMhttps://software.openbuilds.com/
2Dデータを読み込んだり、パーツライブラリからデータを持ってきたりしながらGコードを生成できるらしい。あまり使っていないため詳細不明。

■NCVC

2DCAM
2DCADで描写されたレイヤーごとにあらかじめ用意した加工条件を適用してツールパスを作ることができます。日本語の詳細なマニュアルがPDFでついています。作者の掲示板もあります。
工具径補正がないので、実際のツールパスをCADで書いておく必要がある。切り込みも真っすぐZが下りていくので材料や刃物はある程度限られます。
NCVCでC-BeamMachine、ArtCNCなどを使う場合の注意点などをまとめました。

1 Likes

21/0709 NCVCを追加しました。